« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

マルクル0.5才Birthday♪

2008.8.26生まれのマルクルが無事6ヶ月を過ぎました。

2009228_002_r

待ては出来るのですが、なあんにも教えていないので

これといって特技はありません。2009228_011_r 2009228_012_r

ママァいつまでまてばいいのぉ?

大好きなのはジルと一緒に走る事です。

ジルにはうるがられてますけどね。

なにしろ、ここまで大きな病気もなく育ってくれたことに感謝します。

2009228_006_r 2009228_007_r

今日ジルの診察に行きましたが、爆走OKは出ませんでした。

骨折の足の方よりも、

それ以前からピョコンピョコンしてた後右足が問題だという事です。

そうなんです。まだ治っていませんweep

2009228_003_r_3

なかなかみんなと遊べないねsad

もう少しの我慢かなぁ~

この頃ジルが「猫!」っていう言葉に反応するようになりました。

少し前までは、ランの傍を猫が歩いていても知らん顔だったのにね。

今日、試しに「ねこっ!」って言ってみたら

ジルの背中にタテガミが出来てました。

2009228_005_r

そうそう、ジルとマルクルの背中の模様を見てくださいな。

2009228lumix_021_r

どちらがジルでしょうか?

答えは。。。

2009228lumix_012_r

2009228lumix_013_r

 

どちらも背中にはほとんど模様がなく、オシリの方にちょこっとあるだけです。

こんな風にくっついて私のお膝で寝るんですよ。

合わせて約12.8kgの幸せな重みですhappy01

もうこのぐらいで増えませんように。。。

| | コメント (17)

春の嵐?

皆さんのところはお天気は荒れていませんか?

金曜日のことです。

春の風のお蔭で我が家に大変なことが起こりました。

2009221_024_r

突風のせいで、なんとTVのアンテナが落っこちてしまいました。

土曜日、ジルパパは早速直してくれましたよ。

2009221_041_r_3

屋根の上は風も冷たくて、指先の感覚が無くなるほどだったって。

その間、私は下で監督&わんずの見守りをしてました。

2009221_027_r

あたちも監督さんですよ。

2009221_042_r

ボクとマルクルにってママが色違いのオモチャを買ってくれたんだよ。

なのにマルクルはボクのがいいんだって。2009221_038_r

2009221_044_r 2009221_048_r 2009221_043_r

赤いディスクでも遊んだよ。

2009221_061_r

いっぱい走った後は みんなでまったりしたよ。

嵐といえば『まう』のことなんだけど、先日またニュージーランドへ飛んでっちゃった。

やっぱり『まゆこ台風』だね。

少し前にマルクルだけまうに遊んでもらってた。

2009221_006_r 2009221_011_r 2009221_017_r

まうが、「マルクルがジルに似てきた」って言ってたけど、みんなどう思う?

ボクはあんなヤンチャっ子じゃないよね。2009221_019_r 2009221_003_r 2009221_050_r

2009221_059_r

2009221_049_r

ボクはいつだってママとアイコンタクトばっちりだよ!

そうそう 足はあまり痛くなくなったよ。

だけど 先生がOKって言ってくれないんだぁ。

もう少しの我慢だねbearing

| | コメント (26)

まうとのお散歩。

2009211lumix_001_r_3

ぷーちゃんをスリングに入れてお散歩に出かけました。

勿論ジルとマルクルも一緒ですよ。2009211lumix_002_r

我が家からアウトレットまで歩いてみようかと私がまうを誘いました。

「ニュージーランドでトレッキングガイドをしてたから、ぷちこを抱っこして歩く事ぐらいは平気だよ!」ですってwink

2009211lumix_007_r アウトレットの傍にある核融合の研究施設です。

このあたりは普段人の気配がないのに、国の施設、広い空間にテニスコートや運動場が配備されていて、とても贅沢だなぁって思います。

歩道もこんなふうにデザインされています。2009211lumix_005_r

アウトレットへ行くたびに一度歩いてみたかった散歩道、でもね、あんまり遅いので、辿り着く前にジルパパが迎えに来てくれました。

わんこ連れ、しかも歩かないぷちこと一緒だと時間がかかりますね。

その後、わんずは車で寝てもらって私達は買い物をして帰りました。

そして遡って第二日曜日のことです。

通例の虎渓山探鳥会にすっごく久し振りに参加しました。

200928_001_r 国宝もある永保寺は私の第二の庭です。(と勝手に思っている)

高校生の頃は、時折授業を抜け出して遊びに来てたし、

まう達も幼い頃からず~っとバードウォッチングしていたフィールドです。

ただ本堂が数年前に火事で焼けてしまって、以前のようではないのが悲しく、ここに来ても見ないようにしてました。

右端に見えているのが新築された本堂です。

今日は池の工事をしていたし、年に何回かの国宝の消防訓練もあった模様。

これではきっと鳥達には出会えませんね。

でもこの日は春日井方面からのバードウォッチャーも参加されていて

ここの良さをわかってもらえたらナァなんて思っていました。

200928_002_r お天気は最高でした。200928_005_r

土岐川にはこの時期オシドリが飛来していて、鳥見の人達には、結構目玉なんですね。

この日も出会えましたよ。

私にとっての今日の一押しの鳥は『ウソ』。(写真お借りしました)Photo 出会えて嬉しかったぁ~happy01

でもね、何より嬉しかったのは、こんなふうにまうと歩けた事かなwink

また来られるのを楽しみにしておこうっとconfident

| | コメント (17)

にゅう アイテム

少し前になりますが、エっちゃん家(ち)のエドママさんが可愛いカラー&ハーネスを手作りしていらっしゃるので、3わんこにオーダーしました。

2009131_013_r

ジル用にはグリーンのチェック。2009131_014_r

マルクルにはブルーで。2009131_011_r

そしてぷーちゃんにはピンクのチェックのハーネス。

これがなんとも女の子ちっくで可愛い~lovely

ぷちこが若く見えます。

勿論リードも3色で揃えましたよwink

エドママさん可愛いカラー&ハーネスをありがとう~happy01

ここで最近のマルクルのマイブームを紹介します。Img_0678_r_3 Img_0673_r_6

カウンターで食事をしている時、背後のソファーから私におねだり光線を発します。

足長を活かして上手に載ってるでしょhappy02Img_0670_r_2

こんな時たいていジルは私の足元にいますね。

ぷーちゃんはベッドでsleepy

18日まで帰省中のまうは、お料理に夢中?になっているようで。。。キョコさんに教えていただいたレシピでショコラクラシックを焼いてくれました。Img_0676_r

プロのキョコさんのようにはいかなかったけど美味しかったcake

汚れたガラス越しですが、3わんこが並んでいました。2009131_004_r 2009131_008_r

マルクルが大きくなった事、マルクルとジルのスタイルの差が良く分りますね。

この頃平日は夕食を済ませてまもなくに撃沈sleepyしていますcoldsweats01

皆さんのところは早起きして覗かせていただいていますが、コソミばっかり。

またゆっくりと遊びに行かせて頂きますね、ゴメンナサイdespair

| | コメント (22)

台風上陸~そして悲しい報告。

「夢ぴ~さん シロハラが来たよ!」

2009131_003_rこの写真だと、 なぜシロハラという名前がついているのか分りませんね。

でもお腹は白いんですよ。

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・

28日の事です。

ニュージーランドから成田経由でまうは帰って来ました。

セントレアに着いたまうを私がピックアップして、

多治見に着く頃は夜10時を過ぎていました。

家に帰る前にどうしても行きたいところがありました。

それは夢ぴ~さんのお宅です。

まうの23日のMixiに

「帰って来いよ、帰って来いよ。早く会いたいわーい(嬉しい顔)
一番最初に来てね。 」とのカキコミがありました。

でもね、夢ぴ~さんは28日の朝方に、亡くなってしまいましたcrying

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

夢ぴ~さんとは

虎渓山の探鳥会には、まうがよちよち歩きの頃から参加していて

ゆうの出産を経て、再び参加できるようになった頃に出会いました。

兵庫県三木市のご出身の夢ぴ~さんが

多治見のホワイトタウンに住まわれるようになって

数年が過ぎた頃だったのでしょうか。

とてもおしゃべりの好きな賑やかな人でした。

それからというもの、いろいろな所へ一緒に行きました。

春のシギ、チドリの渡りの頃には藤前干潟に、

秋の鷹の渡りのシーズンは伊良湖へ。

冬は全国一斉のガン、カモ調査に土岐川周辺から恵那峡周辺を。

清里、戸隠、蓼科、戦場ヶ原、乗鞍、ひるがの、木曽駒。。。

同じく野鳥の会の伴野 重由さんの個展にも行きました。

昨秋、長久手で開かれた伴野さんの個展で出会って間もなくの事です。

夢ぴ~さんが肺ガンに罹っていて、余命が幾ばくも無い事を知らされました。

「さくらの咲く頃まで頑張りたいナァ、そうすればまうも帰って来るしね」

夢ぴ~さんはここ2~3年、大腿部を骨折し、松葉杖を使う生活になり、

そのため以前のように探鳥会には出掛けられなくなっていましたが、

それでも昨年の春には藤前へ一緒に行きました。

それが私達と夢ぴ~さんとの最後の探鳥会になってしまいました。

いつもいつも私達の事を気にかけて下さって

いつもいつも励ましの言葉をもらっていたのに。。。

まうやゆうが大きくなるのをずっと見守って下さっていた夢ぴ~さん。

12日にゆうと一緒に撮った写真も

お見舞いの方達に自慢げに見せて下さったそうです。

夢ぴ~さんのアルバムは私達家族のアルバムでもありました。

そして特にまうとは親友のように

Mixiに誰よりも早くカキコミをして下さっていました。

私が介護のことで悩んでいる時は一緒に悩み、

ぷちこやリックを迎えた時も一緒に喜んで下さいました。

旅先ではいかにも夢ぴ~さんらしいお土産をいつも買って来て下さいました。

我が家にはそんな夢ぴ~グッズが一杯あります。

60歳をすぎてからPCを学び

探究心旺盛な夢ぴ~さんはHPを開いていらっしゃいました。

私をMixiに誘い、PCの楽しさを教えて下さったのも夢ぴ~さんです。

鳥、わんこ、花、星、子育て、そして人生そのもの

いつでも私の師匠でした。

そして夢ぴ~さんご夫婦は私達夫婦の理想像でした。

私達家族にとってどれだけ大切な人だったのか。。。

いつまでも少女の様な純粋さを失わなかった夢ぴ~さん。

そんな夢ぴ~さんと、沢山の楽しい時間をご一緒出来たことに心より感謝致します。

夢ぴ~さん

今まで本当に本当に「ありがとぉ~ありがとぉ~ありがとぉ~」

夢ぴ~さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

PS.夢ぴ~さんの最新のHPです。『小さな庭の記憶

| | コメント (8)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »