« ジルとサッカーボール | トップページ | その後のぷちこの眼。 »

ぷちこの目。

この10月に無事10才のお誕生日を迎えたぷちこ。

パグ特有の大きな目、

まるでビー玉が半分だけ埋まってるかのように眼球が飛び出ています。

そのために 角膜に傷がつきやすく 白目のところは傷だらけなのが見えました。

ところが先日 左目だけが 更に前に飛び出ているのです。

これはおかしいと思い 土曜日になって病院へ連れて行きました。

診断結果は『急性緑内障』。。。犬の緑内障の原因は、眼球の圧力が異常に高くなる事によって眼の奥にある視神経乳頭が圧迫されてしまいます。視神経が萎縮しはじめて視野狭窄がおこり視野が狭くなってしまい、最悪のケースになりますと失明する危険性があります。

前日 NETで調べたのですが 最悪の時は眼球摘出もあるというのです。

2007101_001_r 10月1日のぷちこ。

20071027_002_r 昨日はこんなに赤くなってます。

20071027_013_r ぷーちゃん だいじょうぶなの?20071027_007_r

あたち きょうはもうそんなにいたくないのよ。

20071027_015_r あたち ママと病院へ行ってくる。

20071027_009_r ボク いい子でお留守番するからね。

「もし、人が緑内障になったら、痛みや目やにのせいで病院へすぐに行かなくちゃと思うでしょうが、わんこたちは 痛みを訴える事もできず、飼い主さんが気付いた頃は手遅れの事が大いにありますね。

私の実家の犬もそうでした。。。」

先生がそうおっしゃったのは 慰めだったのでしょうか。。。

救いは血液検査の結果はまずまずなので

内科的な治療はできるということでした。

日頃から 目薬を点す事が大嫌いなぷちこ。

その他にもいろいろな手当てをされることが嫌いなんです。

皆さんのわんこも 目を痒がるような仕草、目やに、眼をつむっているなど

普段と違う様子が見られたら、すぐに受診することをお勧めします。

今のところぷちこはこれまで通りの生活ができていますよ。

出来る限りのケアはしてあげ、ぷちこが嬉しいと思える事も、今まで以上にしてあげたいなと思っています。

「ぷーちゃん 頑張ってお薬飲もうね。

そして ジルとママで、またお出かけしようね。」

|

« ジルとサッカーボール | トップページ | その後のぷちこの眼。 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

早く気がついて、大事にならなくてよかったです。
年を取ってからの手術は心配ですから・・・
ぷーちゃん、痛そうですね、痛いでしょう。
でも、昨日より今日と良くなってきてますね。
ひめ、はなも「あれ、おかしいな?」と気がついたら、病院も近いのでお家で悩んでいるより、
診てもらいます。
ぷーちゃんの、おめめが早く治りますように。
お大事にしてください。

投稿: ひめちゃんママ | 2007年10月28日 (日) 20時27分

ひめちゃんママさん☆

先日 緑色の目やにが出たことがあったのです。
「緑内障」の言葉が頭に浮かびました。
その時、休日でも急いで受診すべきでした。
片眼を瞑っていたのは 痛かったからだったのです。
今回は受診が遅れてしまいました。
ひめちゃんも同じパグちゃん
眼は大丈夫ですか?
お気をつけ下さい。

投稿: ぷちこ | 2007年10月28日 (日) 20時46分

ぷーちゃん、痛々しいですね。(><)
そうぞ、治療が功を奏して、よくなりますように。
ママさんもご心配でしょうが、
どうぞ気持ちを強く持って、治療頑張ってくださいね。
ジル君のお顔、とても心配そうです。

投稿: goopee | 2007年10月28日 (日) 21時00分

びっくりしました!ぷーちゃんがこんな事になってたなんて(涙)
でも、今日のぷーちゃんの目の状態今は落ち着いているんですよね。ひとまず安心ですね。
緑内障は痛みを伴うので辛かったのではないかと・・・。目ヤニやまぶたを閉じたままだったりサインを出しているんですよね・・・。チビコも眼圧を抑える点眼を毎日朝・晩と二回しています。
心配ですね、頑張って!ぷちこさん!!
ぷーちゃんがんばれ~!!お薬ちゃんと飲むんだよ。

投稿: wookomama | 2007年10月28日 (日) 21時24分

goopeeさん☆

先週は自分の体調もイマイチだったので
受診が遅くなってしまいました。
しゃべる事ができないワンコ達からのサイン
見逃さないようにしないと。。。


wookomamaさん☆

あの時痛かったんだなろうなと思います。
今日はそんな風には見えません。
お散歩にも行きたがったので、ちょっと安心しました。
チビコちゃんも頑張ってますよね。
ぷちこの点眼嫌いにはほとほと手を焼きます。
今のところ服薬による治療をすることになりました。
様子を見て外科的な治療も考えましょうとのことです。
wookomamaさんみたいに手当てがして上げられるかしら???
頑張りますね。


投稿: ぷちこ | 2007年10月28日 (日) 22時23分

びっくりしています。
内科的な治療が出来るという言葉にホッとしてます。
ぷーちゃんも10歳 人間と同じで歳をとってくると
いくら注意をしてても何処かに症状がでてきます。
服薬は大変かと思いますがぷちこさんの気持ち
ぷーちゃんに届きますように、いやがらないでねぷーちゃん。

投稿: mightymam. | 2007年10月28日 (日) 23時44分

ぷーちゃん大変なことになってたんですね。
痛々しい・・・><;
失明も怖いけれど、最悪の場合眼球摘出もあるだなんて本当に怖いことが書いてあったんですね。
ちゃんとお薬を飲んで早く治りますように・・・。。
ぷちこちゃん頑張って!
ジルくんの表情がいつもの写真とは違いますね。

投稿: ハルねぇ | 2007年10月28日 (日) 23時47分

mightymam.さん☆

もともとパグという犬種は目が飛び出ていますよね。
それで最初 あまり不思議に思いませんでした。
でも 右の目と比べると
左はどうにも出っ張っているんですよ。
それであわてましたね。
痛みは現在あまりないようなのが救いです。

ハルねぇさん☆

受診する前に調べていた事そのままに先生から言われ 
ちょっとショックでした。
このまま 強い痛みが出ないことを祈ります。

投稿: ぷちこ | 2007年10月29日 (月) 00時13分

ぷーちゃん大変だ!目が赤いから紅葉が写ってるのかと思ったら、目の病気だったのですね~痛そう。
ぷーちゃん 目の露出が多いから草ずれなどで傷つきやすいしね。大事にして早く良くなってね~

投稿: vikkypapa | 2007年10月29日 (月) 07時50分

ああ、すごく辛そうですね。。
少しでも改善するように、お祈りします。
ぷーちゃんも目薬つけるの頑張って!

緑色の目やにがでるんですね。
症状に目を瞑るってありましたが、
ぷーちゃんもそうだったんですか?

投稿: ゆい | 2007年10月29日 (月) 12時24分

私がまだ小さかった頃、両親と一緒にパグの赤ちゃんを見に行ったことがあります。
ヨーキー達が家族になる前で、一般のお宅へ行った覚えがあるので多分ブリーダーさんのお家かなと・・。
その時、パグは他の犬種に比べて目が出ているから、目を傷つけたりしないようにお散歩中でも家の中でも気を付けなくてはいけないと、ブリーダーさん(?)がお話されていたのを思い出しました。
ヨーキーも股関節などが弱かったり、一番上のヴィトンも年をとってきて段々と耳の聞こえが悪くなってきているようです。
ぷーちゃん、お薬は嫌かもしれないけれど・・
このまま痛みが出ないで良くなりますように。

投稿: みじゅき | 2007年10月29日 (月) 14時05分

ぷーちゃん、そしてぷちこさん・・・
がんばれー!!!
同じwankoの飼主として、この日記を読んで辛くなりました。
でも、内科的治療が出来るので良かったです。
ぷーちゃんの痛みも抑えられるし、眼圧を下げることも可能でしょうから。。。
一日も早い回復を祈っています!!!
プーちゃん、ジル君、ママさんとのお出かけの日記、早く見たいです!!

投稿: yuusan | 2007年10月29日 (月) 15時55分

vikkypapaさん☆

その後のvikkyちゃんの足はどうですか?
外科の手術の場合 「ひにち薬」と言いますね。
ぷちこの目はそうはいかないようです。
オメメが赤いのが 紅葉のせいだったらいいのにな。。。


ゆいさん☆

緑色の目やにが出た時、
すぐにお医者様に診て貰ってたら。。。と残念に思います。
わんこは訴える手段がないので
こちらが日頃からよ~く観察するしかないですね。


みじゅきさん☆

まさか!の不安が本当になってしまいました。
パグは結構問題の多い犬種ですね。はぁ~
ヴィトンちゃんも耳が悪くなってるのかしら?
年齢のせいは しょうがないですね。
そういえば ワンコの補聴器ってあるのかしら?

yuusanさん☆

わんこは人より寿命が短いので
いろいろな事、覚悟の上じゃないと
わんことは暮らせませんね。
早くお出かけ日記が書けますように。。。

投稿: ぷちこ | 2007年10月29日 (月) 22時32分

ぷーちゃん、心配ですね。
でも痛みがあまりなく、これまでどおりの生活が
できるなら、少しは安心ですね。
私も先日湿疹をしばらく放置して悪化させてしまいました。
ワンたちは言葉がしゃべれませんから
何かおかしなことがあったら
すぐに病院に行ったほうがいいですね。
あらためてそう思いました。ぷーちゃんお大事にね。

投稿: JackyMam | 2007年10月29日 (月) 22時42分

内科的治療ができるのですね。良かった。
実家のわんこ(ヨーキー)は、白内障です。
11歳になるので、色んな病気が出てきますが、
目薬を差しているだけです。
完全に失明する頃には、寿命が来ているから
手術はしないでおこうという判断をしました。
食事で、抗酸化作用のあるものを食べるなど、
老化の速度を遅くしようとする程度で、
病気とお付き合いしています。
ぷーちゃんの目は、治る病気なのですか?
それとも、付き合っていかなきゃいけない病気なのかな?

お大事にしてください。

投稿: 幸子姫 | 2007年10月29日 (月) 23時46分

ぷーちゃん、ぷちこさん、頑張れぇ!!
私もジャンの点眼毎日続けてます。
一緒に病気を付き合って行きましょう!!

投稿: なおみ | 2007年10月30日 (火) 08時38分

ぷーちゃん緑内障ですか・・・。
わが家にずっと前に居たマルチーズも7歳で緑内障になりました。
点眼とお薬を続けてましたよ。
その子は目は見えなくなったんですが、元気に10歳まで生きてくれました。

ぷーちゃん・ぷちこさんがんばって~!
優しいぷちこさんが居るもん!
大丈夫!

投稿: エドママ | 2007年10月31日 (水) 11時16分

JackyMam.さん☆幸子姫さん☆なおみさん☆エドママさん☆

ココログフリーがメインテナンスしてたので遅レスです。ごめんなさい。

JackyMamさん☆

たいしたことないかなぁなんて思ってたのですが
たいしたことでした。しょぼ。
目やにも慢性化してたので油断しました。
見極めが難しいですが
お医者様に診てもらえば 安心ですね。


幸子姫さん☆

実家のわんちゃんも白内障ですか。。。
上手に付き合っていくしかないですね。
悪化しない事を祈るだけです。


なおみさん☆

ジャンくんも目のお病気がありましたね。
なおみさんの愛情目薬が効いてるかな?


エドママさん☆

なんでぷーちゃんばっかり。。。と思っていたのですが
マルチーズちゃんよりは発症が遅いだけ、ましですね。
そう思うことにします。

投稿: ぷちこ | 2007年10月31日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジルとサッカーボール | トップページ | その後のぷちこの眼。 »